IT導入補助金2019

ホーム > IT導入補助金2019

『Xeye』の導入でIT導入補助金が支給されます!

株式会社ワイズ・ラブは、経済産業省が行う「平成30年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業」において、IT導入支援事業者として採択されました。
また、弊社が提供する『物品位置管理IoTサービスXeye(クロスアイ)』が、補助対象となるITツールとして認定されました。
是非、この機会に導入をご検討下さいませ。

サービス等生産性向上IT導入支援事業とは?

中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、 業務効率化・売上アップといった生産性の向上を図ることを目的としています。

IT導入補助金は、公募期間に応募し申請内容が承認されると補助金を受けることができます。

補助金を受け取るまでの流れ

IT導入補助金の申請は、IT導入支援事業者(弊社)とパートナーシップを組んで進める必要があります。

※大まかな流れは下記をご参照頂き、詳細についてはこちら(交付申請の手引き)の5ページ目を参照してください。

補助金を受け取るまでの流れ

補助対象となる事業者

IT導入補助金の補助対象者は、交付申請時点において、日本国において登録されている個人または法人であり、日本国内で事業を行っている中小企業者等に限ります。

  業種 資本金 従業員
資本金(資本の額又は出資の総額)・従業員(常勤)規模の一方が
右記以下の場合対象
(個人事業主を含む)
製造業、建設業、運輸業 3億円 300人
卸売業 1億円 100人
サービス業

(ソフトウェア業、情報処理サービス業、旅館業を除く)

5,000万円 100人
小売業 5,000万円 50人
ゴム製品製造業

(自動車又は航空機用タイヤ及びチューブ製造業並びに工業用ベルト製造業を除く)

3億円 900人
ソフトウェア業又は情報処理サービス業 3億円 300人
旅館業 5,000万円 200人
その他の業種

(上記以外)

3億円 300人

※その他詳細はこちらをご覧ください。

受付公募期間

公募期間が短いのでお早目にご相談ください!

二次公募2019年7月17日(水)11:00~2019年8月23日(金)17:00まで<予定>

※①1補助事業者あたり、1回のみの申請とします。
※②支社や支店単位からの個別申請は受け付けません。補助事業者(法人単位)での申請のみが補助対象となります。

申請類型と対象プロセス

Xeyeは業務プロセス内「P-03 調達・供給・在庫・物流」「P-06 業務固有プロセス(支援系)」
2つの要素を保有しています。

IT補助金プロセス

補助率及び補助上限・下限額

補助対象経費の区分に対し補助率を乗じて得られた額の合計について、補助上限・下限額の範囲内で補助されます。

補助対象経費区分ソフトウェア、導入関連費
補助率1/2以内
補助上限・下限額(A類型)40万~150万円未満

※補助金は、補助対象者に直接事務局より支払われます。
※補助金額の 1 円未満は切り捨てとします。
※サービス、ソフトウエア導入費に含まれる経費はこちら(交付申請の手引き)の6ページ目を参照してください。

IT導入補助金の具体的な費用例

1.Xeyeスマートデバイス版(Android 及び iOS に対応)

初期導入サービス費用¥1,200,000
基本サービス費用(初年度分)¥480,000
合計¥1,680,000

⇒補助金:¥840,000

2.Xeye自動測位ユニット利用版

初期導入サービス費用¥1,500,000
基本サービス費用(初年度分)¥480,000
合計¥1,980,000

⇒補助金:¥990,000

※要件によって価格は異なります。
※上記は月間位置登録回数を10,000回まで(¥40,000/月)と仮定した場合の費用です。
※自動測位ユニット、NFCタグ、バーコード、スマートデバイス等の周辺ハードウェア費用は、規定により補助対象となりませんので、ご注意ください。

注意事項

交付決定前に契約・発注、導入され発生した経費は補助対象になりません。必ず交付決定を受けた後に補助事業を開始して下さい。
・リース契約 ・割賦払いはIT導入補助金の対象外です 。
・申請は 、1事業者あたり1回のみとなります。

お問い合わせ

株式会社ワイズ・ラブ(Xeye専用お問い合わせ窓口)

お問い合わせ